日経225先物トレードを学ぶ!

1/19 『「押し」「戻り」の言葉の意味』 ザラ場のおさらい

2018/06/09
 

2018-01-19/13:08:05

ザラ場のおさらい

 

お疲れ様です!

 

それでは、ザラ場のおさらいをしていきましょう。

(日経225先物ミニ)

 

ザラ場のおさらい

今日は特に相場の方に大した変化がありませんし、

これから動きがあっても何もしませんのでトレードについてはこれで終了とします。

ノートレードです。

 

 

今日はトレードの世界でよく使用される「押し」「戻り」の言葉の意味について、

基本的なことではありますが、改めて正しい言葉の意味を私なりにお伝えしておきたいと思います。

 

普段当たり前に使っている言葉の意味を改めて理解すると新鮮さがあり、

少し違った見方ができるようになるかもしれませんよ~(^^)

 

では簡単に解説します。

 

※押しという言葉の意味※

価格が上昇した後、一時的に価格が下がることを下落ではなく『押し』といい、

「これぐらい下げたらまた上昇に転じるだろう」という目安が『押し目』で、

その押し目の時に買うことを『押し目買い』と言います。

 

※戻りという言葉の意味※

先程の押し目買いとは逆パターンと思って頂ければ結構です。

価格が下落した後、一時的に価格が上がることを上昇ではなく『戻り』といい、

「これぐらい上げたらまた下落に転じるだろう」という目安が『戻り目途』で、

その戻り目途の時に売ることを『戻り売り』と言います。

 

この中で一番重要なことは、

下落 ⇒ 押し

上昇 ⇒ 戻り

という表現に変わる点です。

 

この表現の使い分けができている方は、

相場の流れが理解できている、あるいは、自分なりの見立ての基準をしっかりと持っている

ということになります。

 

下落を押しと捉えているということは、

下落を売りで取りに行くのではなく、買いを待っているということになるますからねb(^^)b

非常に計画的でいいですよね。

 

 

いかがでしょうか?

簡単な説明でしたが、

普段何気なく使っている言葉でも、その言葉の意味をしっかりと理解していることで、

トレードの質も向上していくのではないかと私は思っております。

 

 

この流れで紹介するのも何ですが(^^)

当カリキュラムの基礎本である『基本を学ぼう!(黄)版』では、

このような基礎的な内容もたくさん載せておりますので、

ご興味のある方はご覧になってみてください。

価格は5,000円となっております。

詳細はこちら!

 

 

保有建玉(売買ポイント)

無し

 

 

それでは、素敵な週末をお過ごしください(^^)/

 

下記バナー2種類をクリックでブログランキングへの応援をして頂けると幸いです。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村


日経225ミニ先物ランキング

 


 

当カリキュラムの公式サイトはこちらです

成功するためのヒントや、

皆さんのお悩みを解決できる内容が隠されているかもしれませんので、

是非ご覧になってみてください。

こちら

内容盛り沢山です!!

 

気になる点があれば、まずはこちらをご覧になってください。

気になる質問にお答えするQ&A

 

ご質問・ご相談はお気軽にこちらよりお問い合わせください。

 

ブログをメールで購読(無料)

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

60人の購読者に加わりましょう

この記事を書いている人 - WRITER -
トレードで上手くいっていない方や、これから自分の判断だけでできるトレードを目指している方を対象に、独自のトレーダーズカリキュラムを使用し、勝てるトレーダーになるためのサポートを行っております。 私自身のサラリーマンから独立することができた、過程を基に様々な側面からサポートできればと思っております(^^)/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 日経225トレーダーズカリキュラム , 2018 All Rights Reserved.