日経225先物トレードを学ぶ!

 

☆ご購入後の流れ☆

2018/06/19

経験の度合いなどにより学びのスピードには個人差がありますので、以下の限りではありません。

あくまでも、おおよその流れとしてお考えください。

教材の内容を理解していきましょう!(暗記するより理解する!)

ご入金確認後、『基本を学ぼう!(基礎編)黄版』と『シンクロード手法(実践編)金版』の製本した教科書、そして各内容の解説動画のファイルをお送りさせて頂きます。

 

送られてくる資料の内容

①シンクロード手法(実践編)製本冊子(約140ページ分)

②基本を学ぼう!(基礎編)製本冊子(約80ページ分)

③勉強用ノート

④フラッシュメモリ

【内容】

  • シンクロード手法(実践編)教科書PDFファイル
  • シンクロード手法(実践編)動画解説ファイル(約8時間分)
  • 基本を学ぼう!(基礎編)教科書PDFファイル
  • 基本を学ぼう!(基礎編)動画説明ファイル(約3時間半分)
  • 有料版サイトURL、ログインID、パスワード
  • その他エクセルファイルなどの必要資料

⑤ブックカバー(1つ)

 

これらの内容をご確認頂いて、覚えるというよりも、『理解する』という意識で読み進めていって頂きます。

 

学校のテストのように暗記する必要は全くありません。

必要な時に、必要な学びをしていたら自然と覚えますのでね。

 

それよりも、実践で使用していく上では、暗記するよりも内容や理屈を理解することの方が大切です。

私たちの目的は、暗記した知識で、テストで良い点を取ることではなく、

あくまでも『実践で使える技術を身に付ける』ことです。

 

この1~2ヶ月の間で、まずはご自身で内容の理解に努めて頂き、不明な点や、理解に苦しむ点をピックアップする作業をしていきます。

 

その不明な点を一つずつ理解していく作業を一緒に進めていきながら、この期間はできるだけ早く終えれるように頑張っていきましょう!

 

 

教材に書かれている手法をいつどのようにして使用するのかを学ぶ(活きた実践で理解度アップ!)

教材に書かれている内容をある程度理解した後は、その手法をいつどのようにして使用していくのかを理解していく作業に移ります。

ここからが肝となる、活きた学びに入っていきます。

 

このステップ2からは、動いている毎日の相場を使用して、より実践的な内容に沿って理解度を高めていきますので、他ではなかなか得ることができるものではありません。

当カリキュラムの大きな特徴の一つでもあります。

(急激に理解度がUPしていく時期です!)

 

日々の専用サイトを閲覧して、

  • 「あーこれはこのようにして使うのかー」
  • 「こういったところに注意していけばいいのかー」
  • 「相場をこのように見ていけばいいんだー」

という感じで、どんどん自分の中に落とし込んでいってください。

 

そんなに複雑なことをしてる訳ではありませんので、毎日解説をご覧頂ければ少しずつ理解度はアップしていきます。

最初は解説を見た後付けから始めますが、解説を見る前に自分で判断ができるようになってくれば、かなりの理解度になっている証拠です。

 

解説を見ても理解できないことも当然出てくるかと思いますので、その際は、通常プランの方は、分からない点をメールでお伝えください。

対面サポートプランの方は、対面レッスンの中で理解度を上げていきましょう。

 

 

シナリオを描く練習をしましょう!(見えない先を描き出す技術)

ステップ2まで終了すると、教科書(手法)に対して、かなりの実践的理解度を得ている状態になっています。

ここからは、その実践的理解度を、自分だけで使用できるようになるための練習をしていきます。

 

私の扱っている手法は、何台ものパソコンを睨み付けながら、常にパソコンに張り付いて行うようなトレードは一切しておりません。

それよりも、動いてない相場(寄り付き前)でにいかに『事前準備をしているか』ということに90%ほどの重点を置いております。

これが全てといっても過言ではありません。

 

では、相場が動いている時は何をしているかというと、『たまに一瞬チェック』をしているだけです。

そして、エントリーチャンスが訪れればエントリー(注文)操作をし、後は放置して終了です。

 

この作用を行うには、必ず事前準備が必要となってきます。

事前準備というのは、

  • ①今がどのような相場状態なのか?
  • ②その相場状態の時に何をするべきなのか?何をしてはいけないのか?
  • ③エントリーポイントはどこなのか?
  • ④どのような流れになればエントリーをするのか?

ということのシナリオを事前に立てる作業のことです。

 

このシナリオさえ立てることができれば、後はそのシナリオ通りの値動きになればエントリーをし、

シナリオ通りにならなければ見送るという判断をするだけですので、

動いている相場を見てその都度何かの判断をしなければいけないということはありません。

これにより、心理的負担を大きく削減することができます

 

最初は、シナリオが描けない、進まない、という状態になることは当然です。

それが簡単にできれば、皆がスーパートレーダーになってしまいますのでね(^^)

 

トレードは見えない先を予測する行為ができないと、自分が納得いくトレードもできませんし、トレード自体の安定度、勝率も落ちてしまいます。

私は、トレードは『見えない先のシナリオを立てることができて一人前』だと思っています。

 

当カリキュラム内には、シナリオを立てる簡単なフォーマットもご用意しておりますので、

スムーズに進めていけるのではないかと思います。

 

サポートも上手く活用しながら、シナリオの精度を上げていきましょう。

 

 

いよいよ実践売買開始です!(練習売買からスタートし精度をどんどんアップ!)

ここまで、長い道のりであったかと感じるかもしれませんが、当カリキュラムでは、ここまでやってきて初めて実践売買を開始していきます。

 

当カリキュラムの最終目標は、あくまでも

『自立して継続して勝てるトレーダーになること』

ですから、それを前提とするならば、これぐらいの期間は必要だということもご理解ください。

中途半端な状態で売買を開始してしまうと、変なクセを付けてしまったり、間違った理解の状態で損失を出してしまうことにもなってしまいますのでね。

 

但し、この4ヶ月間という期間はあくまでも、おおよその目安です。

それを3ヶ月にするのか、2ヶ月にするのか、それとも6ヶ月にするのかは、あなたの頑張り次第です。

私も長い期間もがいてきましたので、大変な気持ちは凄く良く分かります。

 

頑張りを諦めることは誰にだってできます。

頑張りを継続することは簡単なことではありませんが、それを乗り越えた方だけが明るい未来を見ることができます。

私も精一杯サポートさせて頂きますので一緒に乗り越えていきましょう!

 

 

また、トレードに100%の勝率は存在しません。

必ず負けトレードは発生します。

100%の勝率が存在しないという前提で捉えると、

『負けトレード=必ずしも悪いトレード』であるということではありません。

 

当カリキュラムでは、自分が決めたシナリオ通りのトレードをして負けたのであれば、

例えそれで多少資金を減らしたとしても、それは良いトレードだという判断をします。

 

どちらかというと、収入の度合いに目を向けるのではなく、やるべきトレードを継続した結果、収入が後から付いてくるという考え方をしておりますので、

第一に『自分が納得するトレードを継続していくこと』を目的として実践トレードに挑んでいきます。

 

通常プランの方は、任意ではありますが、

週単位で売買履歴の内容をメールで送って頂き確認していくことで、精度を上げていく作業をしていきます。

対面サポートプランの方は、レッスン時にその週の売買を一緒に振り返りながら精度を上げていきましょう。

 

自分の判断だけで、トレードができるようになれば晴れて【卒業】です。

 

コマ無し自転車を初めて乗れた時の感覚のように、一度できるようになった技術は自分の身になり、そしてその感覚を忘れることはありません。

この数ヶ月間で学んできたことを『一生の財産』として使用していってください(^^)/

 

 

当カリキュラム内でのトレード手法(イメージ)

ここでは、基本的なトレードのスタイルを簡単にお伝えしておきます。

  • エントリー回数 ⇒ 月10回未満程度
  • デイトレードではない(保有期間にはこだわっていない)
  • 相場に合わせてできるだけ玉を伸ばすイメージを持っている
  • 日足をメインチャートとし、エントリーポイントは分足に落とし込むトレードをしている
  • ロスカット設定は必ず行う(ロスカット設定の仕方記事参照)
  • 相場が始まる前までのシナリオ立てに力を注ぎ、場中はチャートをたまにチェックするだけ(その場の判断だけでトレードはしない)
  • 1トレードの利食い益は最大300円程度のトレードが中心

こんなイメージになります。

 

 

ご興味のある方は、こちらのページもご参照くださいね↓

料金・プラン案内

ご購入までの流れについて

ご購入後に得られえること、学べること

 

Copyright© 日経225トレーダーズカリキュラム , 2018 All Rights Reserved.