┃ 三種のステップⅢ 『シンクロード手法』 (金)版 ┃

三種のステップⅢ 『シンクロード手法』 (金)版

 

ステップⅢ シンクロード手法(金)版の募集は、現在締め切っております。

 

次回募集開始は、8月以降(8月中)を予定しております。

ご理解宜しくお願いします。

 

シンクロード手法とは

シンクロード手法の名前の由来は、

相場と同調(シンクロ)しながら、

その道(ロード)に上手く乗っていくというイメージから出来上がったものです。

 

トレードで勝ち続ける為には、

相場の流れに上手く乗ることのできる目線

明確なエントリーポイントが必要となってきます。

それを分かり易くまとめたものが、

この『シンクロード手法』となります。

 

シンクロード手法(金)版は、

三種のステップの最終版であるのと同時に、当スクールへの正式な入門ということにもなります。

 

ステップⅠ(青)版は『心構えと考え方』を、

ステップⅡ(黄)版では『基礎知識』を学んで頂きました。

※特にステップⅠ(青)版『心構えと考え方』は無料ですので是非目を通して頂ければと思います。

 

このステップⅢからは、教科書を販売・説明するだけではなく、スクール形式となります。

(自学自習型のオンライン形式ですが、マンツーマンでの個人指導も含まれております)

 

日々の値動きに沿って、手法をどのように使用していくのかを実践的に学んで頂く本気モードです。

 

費用を頂くのは初回のみで、

それ以降の追加費用などは一切発生致しませんので、

ご自身に合った学び方を選んで頂ければと思います。

 

現スクール生の方の中でも学び方はさまざまです。

教科書と毎日の解説を見て自学自習をされている方(日々事細かく解説していますので自学自習も十分に可能だと思います)

不明なポイント、気になったポイントだけをメールでご質問される方

トレード毎にメールでご報告頂き、その都度みっちりご指導させて頂く方

週や月単位で結果をご報告頂く方

などさまざまです。

 

学び方はその方の性格などによっても変わってきますので、

お伝えする立場の私も色々な方にできるだけ分かりやすく、

日々お伝えできるように意識をしております。

 

最初は自分に合った学びがどれなのか分からないかもしれませんが、

進めていく中で色々と試して頂ければ結構ですし、

その点についても、ご相談頂きながら一緒に考えていきましょう。

 

このステップⅢは、

相場の流れを見る目線と、

最終判断をする為の具体的なエントリー方法についてお伝えしていものとなります。

 

内容につきましては以下で詳しくご説明していきます。

 

 

概要

 

 

当スクール(シンクロード手法)の特徴

大きく分けて3種類の明確で再現性の高いエントリー方法をお伝えします。

当然これだけでも価値はあると思いますが、

(青版)でもご説明しましたように、エントリー方法(手法)を知ったからといって必ずしもできるようになるとは限りません。

 

エントリー手法は『いつどのようなタイミングで使うのか?』が重要というお話もさせて頂きました。

 

当スクールに入門して頂いた方には、

1年間で、

「完全に自分で判断ができる」

「どのような相場にも対応できる」

「自立して継続的に勝てるようになる」

トレーダーになることを最終目標として頂きます。

 

当スクールでは、オンライン式自学自習体制を基本としており、

『日々の相場が始まる前の当日のポイント解説』『相場が終わってからのおさらい』

専用のサイトで見て頂き(期限無し)、

少しずつ『いつどのようなタイミングでどの手法を使用したらいいのか?』

ということを教科書と照らし合わせ、日々の実践の中で学んで頂くシステムとなっております。

 

当然、教科書の内容について、分からない事などがあれば随時メールでやりとりをさせて頂きます。

(指導期間1年間)

毎日の解説を見て、しっかりと学んで頂ければ、かなりの理解力と実力が身に付くと思って頂いて結構です。

 

教科書や手法を販売しただけで終わらせてしまうと『使いこなせなかった・・・』という結末になり兼ねません。

 

当スクールはそれだけで終わらせるのではなく、

その手法をしっかりと使用することができるように日々の値動きと照らし合わせ、

実践を通じてその有効性と使用するタイミングをお伝えしていきます

 

教科書だけを見て理解をするよりも、

臨場感のある実践の場でお伝えしていくことこそが、本当の意味での『学び』であると、

私の経験の中からでも痛感してきたことですので、

より踏み込んだ内容の解説を意識して運営しております。

 

※この解説はあくまでも自立したトレーダーになることを目的として、教科書の理解を深める為のものであり、投資に関する助言、売買の指示・示唆をするものではありませんので、予めご了承ください。

 

 

通販で買った腹筋マシーンのようにはさせません

「腹筋マシーンで引き締まったボディーにしよう!」という思いで、

通販の誘いに乗って腹筋マシーン的なものを購入した時のことを想像してみてください(^^)

良くて3週間、最悪3日間ぐらいで隅っこに追いやられ、

挙句の果てには足場になったり、洗濯物やタオル掛けに変身していたりというイメージが頭に浮かびませんでしょうか?

 

手法や教科書も同じで、最初は勢いよく高いお金を支払って「頑張るぞ!」という思いでスタートするものの、

いつの間にかその気合いもクールダウンしていき、

本棚の隅っこに眠らせて忘れ去られていく、なんてことも少なくはないはずです。

 

では、なぜそのようなことが起こるかと言いますと、

腹筋マシーンであれば、「邪魔くさくなった・・・」「すぐに効果が現れない・・・」「言っていたことと違う・・・」

このようなことが理由に挙げられるかと思います。

ただ単に自分に負けた言い訳ですよね(^_^;)

 

トレードでは、「書いている意味が理解できない・・・」「使い方が分からない・・・」「効果が出ない・・・」

こんな感じではないでしょうか?

 

この「理解できない、分からない、効果が出ない」ということによって、

諦めてしまう人も多いと私は思っています。

非常にもったいないですね。

 

ですから、手法などを手に入れたからといって、必ずしも勝てるとは限らないというのは、そういったところにもあるのです。

 

当スクールでは、

手に入れたものをどのように理解して、そして、どのようにして使用していくのか

を日々の解説で実践を通じてお伝えしていきますので、

『シンクロード手法』を腹筋マシーンのようにはさせないことをお約束します。

 

 

資金の増え方イメージ

当スクールは、他のサイトのように1ヶ月、3ヶ月で資金が10倍に!!

なんてことは言いませんし、それを目的としたスクールではありません

 

自己資金に対して、月に10%(100万円で10万円)増えればプロレベルと言われている世界です。

当スクールも一言だけ大きなことを言わせて頂くのであれば、

月に10%の利益は充分に可能なレベルだということだけはお伝えしておきたいと思います。

 

ただ、誤解をして欲しくないのは、当スクールでは毎月の数字を目標とはしません

相場は毎月同じ値動きをしてくれない以上我慢をしないといけない月も出てきます。

毎月の利益額を目標値に設定してしまうと、少ない時期は焦ってしまい、

やるべきではないトレードもやってしまうということも起こります。

 

毎月確実性の高いトレードのみを行い、その結果として数字が付いてくるという考え方をしております。

そうすると、ウソのようですが、気付かないうちに資金が増えていくようになります。

 

トレードを開始したスクール生の初月の実際の売買実績を参考までに下記に載せておきます。

(手持ち資金約100万円)

まだまだ、荒削りな部分もありますし、仕掛け回数も16回と多めですが、

未経験者の方が始めてトレードをした初月の結果としては十分ではないかと思います。

 

 

スクール生にはどのような方々が多いのか?

以下は、当スクールの状況をもう少し分かって頂くため、

スクールに入門して頂いた方が、どのような方々なのか統計を取り、それをタイプ別に分けた分布図となります。

シンクロード手法では、「全くトレードに掛ける時間が無い」という方以外であれば、

その方の状況に応じたスタイルを見つけることができるような内容になっております。

 

調査項目

・年齢
・投資経験
・手持ち資金量
・ライフスタイル

 

分布図

年齢

1位・・・40歳代

2位・・・30歳代/50歳代

3位・・・60歳代

4位・・・20歳代

 

投資経験

1位・・・1年~3年未満

2位・・・未経験

3位・・・3年~5年未満

4位・・・1年未満

5位・・・10年以上

 

手持ち資金量

1位・・・50万~100万円未満

2位・・・100万~200万円未満

3位・・・200万~300万円未満

4位・・・300万~400万円未満

5位・・・30万~50万円未満

6位・・・500万円以上

 

ライフスタイル

1位・・・会社員

2位・・・主婦

3位・・・定年退職

4位・・・パート・アルバイト

5位・・・自営業

6位・・・その他

以上が、当スクールのタイプ別分布図となります。

ご参考になれば幸いです。

 

 

シンクロード手法(教科書)の構成

第1章 勝てるトレーダーになるための道筋

最初の1ヶ月間

2ヶ月目~

その後~(練習売買)

練習売買~

 

第2章 ナビの設定をしよう!

目的地の設定

方向の確認

ズームイン

到着予想時間

 

第3章 仕掛け方向(全体像)の絞り込み

具体的な絞り込み方法

・Ⅰ●●●●の位置

・Ⅱ●●●●の向き

・日足のステージを確認しよう(まとめ)

 

第4章 仕掛け(エントリー)サインとその方法

押し目買い/戻り売り 【●●●●●●●】

・●●●●●●●について

・●●●●●●●の買い方について

・ロスカット位置

●●●●●●買い(サブ押し目買い)

●●●●●●売り(サブ戻り売り)

・値動きが早い場合のタイミングの取り方

ブレイクアウト系について

 

第5章 ●●●食い

 

第6章 仕掛ける前の6つのポイント

①●●●●●の確認

②●●●●●の確認

③●●●●●の確認

④●●●●●の決定

⑤●●●●●の決定

⑥●●設定

 

第7章 日足シーン別対処法

上昇トレンド局面

下落トレンド局面

暴落局面

日足持合い局面

日足の押し目底ゾーン

暴落からの反発ゾーン

 

第8章 監視スタイル(一日の監視の流れ)

ザラ場

ナイトセッション

 

第9章 毎月のトレード回数

第10章 材料(経済指標)の考え方

第11章 資金管理必要資金

第12章 日経平均年間の大まかな動き

 

第13章 シーン別やってはいけないトレード集

上昇トレンド時

下落トレンド時

暴落時

持合い時

日足の押し目底の時

暴落からの反発時

 

第14章 チャート設定

用語集

 

 

大まかな手法内容

当スクールでは、

日足の見立てを重視し、仕掛けるポイントはザラ場及びナイトセッション内での分足ポイントで入り、

可能な限り玉を引っ張るイメージでトレードしております。

ですから、仕掛け回数は月に5~10回程となります。

デイトレには全くこだわらず、相場に合わせた玉の操作を行います。

 

具体的な手法はお伝えできませんが、

日足の見立てを重視して方向性を決め、そこからさらに絞り込みをかけて、ポイントをあぶり出していきます。

 

状況に合わせて手法を使い分けるといった感じとなります。

 

また、日々の解説(仕掛けポイント)を朝の寄付き前にスクール生専用サイトにアップし、

場が終わってからは、私がどのように考えて、どのような行動を取ったのかを公開していきます。

無料ブログではお伝えできない詳細までをお伝えしております。

 

とにかく、

できるだけシンプルに、

考えることを少なくし、

勝率を上げるためのトレードを目指しています。

 

※一部でしかもボカシばかりで申し訳ありませんが、日々の解説のイメージサンプルを載せておきます。

 

 

ご購入後送られてくる内容

①シンクロード手法の教科書(製本冊子)

②勉強用ノート

③フラッシュメモリ

【内容】

・シンクロード手法教科書PDFファイル

・シンクロード手法動画解説ファイル

・ステップⅡ(黄)版 基本を学ぼう(PDFファイル、動画説明ファイル)

・スクール生専用サイトURL、ログインID、パスワード

・その他エクセルファイルなどの必要書類

 

 

ご購入方法について

ご購入の順序としましては、

まずは、ご購入手続きの前に簡単なアンケートにご協力を頂いております

これは、今後専用サイト内や、直接のご指導をさせて頂く際に、

皆さんの状況(立ち位置)をある程度イメージしておくことで、

できる限り適切・的確なアドバイスをするための情報としてお願いしています。

 

以下ような内容となります。

こちらよりアンケートにご協力お願いします。

 

アンケートにお答え頂きましたら、こちらより返信のメールを入れさせて頂きます

お送りさせて頂くメール内に、買い物カートのURLを載せておりますので、そちらよりご購入の手続きをお願いします。

至って簡単なカートになっておりますので、順を追って進んで頂ければ問題無くご購入できるようになっています。

 

ショッピングカートはこのようなイメージです。

 

何かご不明な点やご質問がありましたら、下記よりお気軽にお問い合わせ下さい。

 

公開日:
最終更新日:2017/07/08