時間軸により考え方は変わる『日経225先物で勝つために・・・』

      2017/02/11

勝てるトレーダーになるためのヒント

ブログをメールで受け取る(無料です)

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。
※頂いたメールアドレスは更新メール以外では使用致しません。

巷の人代表
今日の意味深いひとり言っちゅうのはなんや~いつも参考にさしてもろてるで~
私やっさん
ありがと~!ほな、今回も名言出してみよか~(^^)/

 


 

「意味深いひとり言」とは?

 意味深いひとり言」とは、

日経225先物で勝ち残るには?
日経225先物で勝てるトレーダーになるには?
日経225先物で勝ち続けるためには?
という目的を持った時に、普段の実践トレードとは別の視点から、ヒントとなるようなポイントを私なりにお伝えしていくものとなります。

 

今回の意味深いひとり言は・・・

 時間軸により考え方は変わる

です。

 

私のブログを見て頂いている方の中でも、さまざまな時間軸のトレードを求めている方もおられるかと思います。

例えば、

①デイトレを中心とした短期売買

②デイトレ~1ヶ月以内を中心とした短中期売買

③1ヶ月~3ヶ月をメインとした中期売買

④3ヶ月以上を中心とした長期売買

この4パターンに分類して話を進めていこうと思います。

※上記時間軸の定義は、どこからどこまでが短期なのか中期なのかという線引きが難しくなりますが、今回は私の考える範囲内の定義とさせて頂きますのでご理解下さい。

 

まずは私の得意とする時間軸について、

私は時間軸よりも、大体が値幅で決めておりますので、その時の相場付によっては、長くなったり短くなったりします。

ですから時間軸を絶対的に決めている訳ではありませんが、目線としては上記パターンの①~②を中心とした売買を主にしております。

それが、良いのか、悪いのかという問題ではなく、その方のライフスタイルや性格によっても違ってくるかと思います。

 

では、時間軸の考え方の違いについて・・・

短期売買を主にトレードをしようとしている方は、長期売買をしようとしている方とは目線が異なり、普段活用するチャートも全然違ってきます。

短期売買(デイトレとしておきましょう)を主としてされる方が、年足や月足を見ながらトレードを組み立てようと思っても、タイムフレームが大きすぎてトレードなんてできなくなってしまいます。

逆に、長期売買を主としたトレードをしている方が、1分足や3分足を見て判断しようとすると、目線が細かくなり過ぎて長期目線がかき消されてしまうことにもなります。

ですから、短期売買と長期売買をする方とは、考え方、見方が全然違ってきますので、色々方のブログを徘徊される場合でも、「ここのブログは短期中心なんだな」「このブログは長期中心か」という感じで確認してから見ることをお勧めします。

短期売買を目指しているのに、長期売買の方の情報を見ていても勉強にはなるかもしれませんが、実際の売買に活かしていくことはできません

まずは、自分がどの時間軸でトレードしていくのか?

ということを明確に決め、そして色々な情報を求めると良いかと思います。

ちなみに当サイトでは、先ほども書きましたが、短期売買~中期売買を得意としています。

 

ご参考までに・・・

 

それでは失礼しますm(_ _)m

 

 


 

↓意味深いひとり言集↓

 

 

下記バナーのクリックで、ブログランキングにご協力頂けると幸いですm(_ _)m
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

日経225ミニ先物 ブログランキングへ

 

日経225トレードスクールについてのご説明はこちら。

sukurunituite
第一期生の日経225トレードスクール生募集は、
2016年10月15日(土)をもちまして終了とさせて頂きました。
ありがとうございました。
※第二期生の募集は2016年12月1日(木)から開始となります。

スクール生の声はこちら
sukurukoe

 

トレードに関するご相談・ご質問はお気軽にこちらよりお問い合わせください。

 

 

 - 意味深いひとり言・・・