やる気スイッチを入れられるのは自だけ 『日経225先物で勝つために・・・』

      2017/01/21

勝てるトレーダーになるためのヒント

ブログをメールで受け取る(無料です)

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。
※頂いたメールアドレスは更新メール以外では使用致しません。

巷の人代表
今日の意味深いひとり言っちゅうのはなんや~いつも参考にさしてもろてるで~
私やっさん
ありがと~!ほな、今回も名言出してみよか~(^^)/

 


 

「意味深いひとり言」とは?

 意味深いひとり言」とは、

日経225先物で勝ち残るには?
日経225先物で勝てるトレーダーになるには?
日経225先物で勝ち続けるためには?
という目的を持った時に、普段の実践トレードとは別の視点から、ヒントとなるようなポイントを私なりにお伝えしていくものとなります。

 

今回の意味深いひとり言は・・・

 やる気スイッチを入れられるのは自分だけ

です。

 

話がいきなり飛んでしまいますが、

お子さんをお持ちの方は、教育の一環である勉強についてどのようにお子さんに指導をしていますか?

 

「勉強しなさい!」と口うるさく言っていないでしょうか?(^^)

教育の仕方については、各ご家庭でさまざまだと思いますので、私がとやかく言う筋合いもないのですが、一つの意見としてお聞き頂ければと思います。

私も学んだ話ですので。

 

「勉強しなさい!」と子供に言うことは親として何も間違った意見ではありませんし、私も正しいと思います。

 

しかし、それが”子供に伝わるかどうかは別問題だと私は思います。

伝わらないと、いくら親が正しいことを言っていても、意味がありません。

ですから、

【親が正しいと思う発言=子供にとって役に立つ言葉】とは限らないのです。

 

「勉強しなさい!」という言葉が、子供にとって、押し付けになっているのであれば、子供は反発します。

反発すると、

言い訳をします・・・

言い逃れをしようとします・・・

陰でサボろうとします・・・

さらに親は叱りつけます・・・

更に反発します・・・

また素直にやっているように見えてもイヤイヤやっていれば中身のない勉強になってしまいます。

何も良い事がありません。

これは子供にとっては、なるべくしてなった当たり前の行動なのです。

 

では、どのように言えばいいのか?

それは、

「お母さん、お父さんは~やと思うから勉強した方がいいと思うよ。けど、勉強するのは~ちゃんやから、やるやらないは~ちゃんが決めてな」

と言って、自分に決めさせることが大切です。

 

最終的に自分で決めるという行動を取ることによって、親の押しつけから「自分事」に切り替わります。

そして、やらなくても何も言わなければいいのです。

「ほら~やっぱりやらなかったから・・・」は絶対に言ってはいけない言葉だそうです。

そして、やった結果も、やらなかった結果も自分で体験させてあげるのです。

 

親が子供の体験を取り上げてしまうのではなく、

それが例え間違った選択であっても、自分で決めさせ体験させてあげることで、初めて自立していくのだと言います。

 

「なるほどな~と私も今妻と実践中です(^^)」

 

「やる気スイッチ」は自分で決めることで初めて発動します。

 

皆さんは「やる気スイッチ」発動していますか?(^-^)

 

トレードも誰かに頼る、何かに頼るのではなく、

本当の意味での「やる気スイッチ」を自分で入れてこそ、血となり、身となり、肉となっていくのではないかと私は思います。

 

ご参考までに・・・

 

それでは失礼しますm(_ _)m

 


 

 

 カテゴリー

 

 日経225オンライントレードスクールについてのご説明はこちら

sukurunituite
※第二期生の募集は2017年1月10日をもって締め切りとさせて頂きました。
次回公募は現在未定ですので、決まり次第改めてブログにてご報告させて頂きます。

 

 スクール生の方々の声はこちら
sukurukoe

 

 トレードに関するご相談・ご質問はお気軽にこちらよりお問い合わせください。

 

 - 意味深いひとり言・・・