トレードはやることを前提とするかで質が変わる・・・

      2017/03/25

勝てるトレーダーになるためのヒント

ブログをメールで受け取る(無料です)

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。
※頂いたメールアドレスは更新メール以外では使用致しません。


 

巷の人代表
今日の意味深いひとり言っちゅうのはなんや~いつも参考にさしてもろてるで~
私やっさん
ありがと~!ほな、今回も名言出してみよか~(^^)/

 

「意味深いひとり言」とは?

日経225先物で勝ち残るには?

日経225先物で勝てるトレーダーになるには?

日経225先物で勝ち続けるためには?

という目的を持った時に、普段の実践トレードとは別の視点から、ヒントとなるようなポイントを私なりにお伝えしていくものとなります。

 

 

今回の意味深いひとり言は・・・

 トレードはやることを前提とするかどうかで質が変わる・・・

です。

 

皆さんトレードをしようとした時、

やることを前提として考えるか

やらないことを前提として考えるか

どちらを主として考えられていますでしょうか?

 

私は極力やらないことを前提として考えています。

 

やることを前提としてチャートを見てしまうと、自然とやらないといけないという感情が芽生え、そして、やる場面を探し出してしまいます

するとどうなるかと言いますと、本来冷静に見た時は大したチャンスでもない場面を、自分で無理矢理大チャンスとして認識してしまうのです。

自分の都合の良い方にね・・・(^-^)

 

そして、当然その見つけ出した場面がきた時は、待ってましたとばかりに飛びついてしまい、失敗するというパターンが多くなります。

そもそも、毎日毎日良いチャンスなんてあるのであれば、そしてそれが分かるのであれば、皆さん億万長者になっていますよね。

 

毎日トレードをする前提でチャンスを見つけ出すチャンス、それって本当の意味のチャンスではないのではないかと私は思います。

 

これは挑んでいるタイムフレームによっても認識、考え方の違いはあって当然ですので、あくまでも一つの考え方として捉えて頂ければいいのですが、

本来のチャンスというのは、「たまに来る絶好の機会」という意味ではないでしょうか。

 

ですから、その本来のチャンスというのは、トレードをやらない前提でチャートを見た時にでも、

「ここはやらないといけないだろう」

「やらないと後悔する」

という場面のことを指すのではないかと私は思っております。

 

そうすることで、各段と勝率も上がりますし、収益率も高くなっていきます。

 

チャンスということをどのように捉えるのか、また、そのチャンスをどのようにして見つけ出すのか、ということがトレードをする前提において非常に重要な要素になってくると思います。

 

皆さん、チャンスの捉え方、チャンスの見つけ出し方はしっかりとされていますか?

 

 

ご参考までに・・・

 

それでは失礼しますm(_ _)m

 

 


 

 

カテゴリー

 

日経225オンライントレードスクール有料版についてのご説明はこちら

sukurunituite


 

スクール生の方々の声はこちら

sukurukoe

 

トレードに関するご相談・ご質問はお気軽にこちらよりお問い合わせください。

 

 - 意味深いひとり言・・・