9/28 本日のトレード予測 『目先と違った目線を持つことの重要性』

   

ブログをメールで受け取る(無料です)

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。
※頂いたメールアドレスは更新メール以外では使用致しません。

 

現在ナイトセッションオンリートレード検証中です!

詳細はこの時の投稿をご覧下さい。


2017-09-28/07:13:47

本日のトレード予測

 

おはようございます!

 

それでは、本日も宜しくお願いします。

(日経225先物ミニ)

ナイトセッションのおさらい

ザラ場後半にかけて上への流れが出て、その流れ継続でボックス圏上限まで価格を持ち上げてきました。

一応のチャンスはありましたが、私は買い玉を大事に持っていましたので、新規買いの仕掛けをするようなリスクは取っておりません。

また、売りについても、連日お伝えしていますように考えておりませんでした。

 

ということで、買い玉の利食いのみで終了となっております。

トータル利益は91,000円です。

さすがにこの短期間に+200円まで終了するとは思っていませんでしたが、

これで買い玉は全て無くなりました(^^)/

 

 

本日のトレード戦略

今日はまず、日経平均の年間の上下値幅について確認しておきましょう。

以下の表は、過去10年間の日経平均の上下値幅を示した表となります。

また、ピンクの横ラインは10年間の平均値です。

一番右の赤枠で囲っているグラフが今年の今現在の値幅ですね。

この数値は常に見ておく必要はありませんし、見たからといって今日明日のトレードの利益になる訳ではありませんが、

こういったおおよその数値を確認しておくことも重要です。

過去との対比ですね。

これを見ることによって、見えてくる気付きがあります。

その『気付き』で何を得ることができるのかというと、『今の現状と目先と違った目線』です。

 

今のチャートの状態、位置を見た時に、確かに一気に上昇した後ですので、

目先の位置としては高くなり、上を追うような買いはできませんが、

上記の表でいくと、現在の上下値幅は、過去10年間の平均の約1/2程度しかありません。

 

必ず平均値まで持っていくということではありませんが、

現状の値位置は高くても、もう少し今年いっぱいというロングな目線で見ると

「まだ上値を試す(値幅を作る)可能性があるのではないか・・・」という見方もできるようになります。

 

だからといって、今日明日にグイグイ上を試していくという訳ではありません。

あくまでも、いつもと違った視点(目線)を持つことで視野が広がるということをお伝えしたく書かせて頂きました。

 

では、今日の方針ですが、やはり焦点となるのは、ボックス圏上限との絡みです。

ナイトセッションは、上限から一旦の売りが出ていますが、下げ止まり感も出しています。

このまま、上抜けしてくるようであれば、新ゾーンの展開となり、上記の年間の上下幅を更新していくこととなります。

いずれにしても、今日のザラ場は、終値の位置がポイントになりますので、様子を見ていきたいと思います。

 

ナイトセッションオンリートレード順調です(^^)

 

※当スクールの仕掛けポイントに合致しなければ見送ります。

 

 

持ち玉の確認

無し

 

 

それでは、本日もほどほどに頑張りましょう!

 

下記バナー2種類をクリックでブログランキングへの応援をして頂けると幸いです。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村


日経225ミニ先物ランキング

 


 

無料個別相談会ご予約承り中

 

【サービス紹介】あなたにおススメのプランは?

何から始めればいいのか分からない!

今後トレードを始める上で、必ず知っておかなければいけない重要なことの全てを知ることができます!

テクニカル分析の基本を効率よく学びたい!

なぜテクニカル分析が必要なのか?テクニカル分析の有効性は?ただ単に言葉を知るだけでは何の役にも立ちません。理解の仕方によって今後のトレードに差が生まれます!

一生自分の判断でトレードができるようになりたい!

ここがトレーダーとしての最終目的です。一生使える財産を手に入れるには、誰かを頼りにしていては手に入りません。いかなる時にでも自分で判断できるようになる必要があります。オンラインスクールでは自立できるトレーダーを目指せます!

 

スクール生の方々の声はこちら

sukurukoe

 

ご質問・ご相談はお気軽にこちらよりお問い合わせください。

 

 - 日々のトレード