11/1 『悔しさを相場にぶつけない』 本日のトレード予測

   

ブログをメールで受け取る(無料です)

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。
※頂いたメールアドレスは更新メール以外では使用致しません。


2017-11-01/07:13:09

本日のトレード予測

 

おはようございます!

 

今日から11月スタートですね。

 

それでは、今月も宜しくお願いします。

(日経225先物ミニ)

 

ナイトセッションのおさらい

火曜日のザラ場は日銀金融政策決定会合当日でしたので、トレードはしておりません。

 

ただ、通常であれば「ここはやるやろ~」という買いの場面がありました。

さすがに、私がここで「やりました!」というふうにブレる訳にはいきませんので、グッと気持ちを抑えて見送っています。

 

ナイトセッションは、その流れが継続した形となりましたね(^^;)

この上昇には乗り切れませんでした・・・

正直悔しさはありますが、そこは割り切るしかありませんので後悔はしていません。

 

 

本日のトレード戦略

さて、こうなると次のおいしい買いのチャンスはまだ先となります。

昨日にしっかりとした買いポイントがあったわけですからね。

こういった時に、悔しさに任せたトレードをしてしまうと、完全に相場の罠に掛ってしまうことになりますので、

一旦冷静に相場を見ることが重要です。

(これは今の自分自身にも言い聞かせています・・・(^^))

 

では、今の状態で悔し紛れのトレードはどのようなものなのかを確認しておきましょう。

①悔し紛れの売り

各種オシレーター系指標は依然過熱圏を維持しています。

値位置も高いですから、下げる可能性も当然ありますが、それだけで売りをするべきではありません。

今までそれで売りをしてこられた方は、相当痛い目にあっているはずです。

ここは、売りで負けていない事を大前提に、『売りで取るべきではない』と当スクールでは考えています。

オシレーター系指標はそこに至るまでの経緯や流れも同時に判断する必要がありますので、

『過熱圏=即売りではない』ということを覚えておいて下さい。

 

②悔し紛れの買い

上手く上昇の波に乗れなくて、悔しさのあまり買ったら『高値を掴まされた』というケースですね。

これもトレードあるあるだと思います。

これも、さらなる上昇の可能性がゼロではありませんが、一連の上昇の波は一旦終了と考えておく方が確率的に見ても高くなります。

むしろ、それが合う、合わないは別として、そのように見ておくべきです。

そう考えると、上を追う買いはするべきではないですね。

やるなら押し目を待つ。

ということでいいかと思いますよ(^^)

 

また、明日明後日には、FOMC、米国雇用統計、そして日本は三連休を控えていますので、

あまり肩に力を入れる必要もないかと思います。

リラックスをして、チャンスがあれば検討していきましょう。

 

 

持ち玉の確認

無し

 

 

それでは、本日もほどほどに頑張りましょう!

 

下記バナー2種類をクリックでブログランキングへの応援をして頂けると幸いです。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村


日経225ミニ先物ランキング

 


 

当スクールのホームページもどんどん充実させていきますので、

是非ご覧になってみてください。

 

無料個別相談会ご予約承り中

 

【サービス紹介】あなたにおススメのプランは?

何から始めればいいのか分からない!

今後トレードを始める上で、必ず知っておかなければいけない重要なことの全てを知ることができます!

テクニカル分析の基本を効率よく学びたい!

なぜテクニカル分析が必要なのか?テクニカル分析の有効性は?ただ単に言葉を知るだけでは何の役にも立ちません。理解の仕方によって今後のトレードに差が生まれます!

一生自分の判断でトレードができるようになりたい!

ここがトレーダーとしての最終目的です。一生使える財産を手に入れるには、誰かを頼りにしていては手に入りません。いかなる時にでも自分で判断できるようになる必要があります。オンラインスクールでは自立できるトレーダーを目指せます!

 

スクール生の方々の声はこちら

sukurukoe

 

ご質問・ご相談はお気軽にこちらよりお問い合わせください。

 

 - 日々のトレード