日経225先物トレードの仕方やトレードに関するお役立て情報を公開するサイトです

ローソク足の並びから見るトレンドの種類(代表的なローソク足の並び)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
トレードで上手くいっていない方や、これから自分の判断だけでできるトレードを目指している方を対象に、独自の手法を使用し、勝てるトレーダーになるためのサポートを行っております。 日本テクニカルアナリスト協会認定 現役テクニカルアナリストが、 私自身のサラリーマンから独立することができた、過程を基に様々な側面から情報を発信できればと思っております(^^)/ 経歴を見てみる ⇒ こちら

では次に代表的なローソク足の並びとその時の特徴について見ていきましょう。

 

①Wボトム(W底)

下落トレンド継続から一旦反発(1番底)した後に価格が再度反落し、その後、前に作った1番底付近の水準で再度反発(2番底)していくケースを『Wボトム(W底)』と呼びます。

 

また、最初の反発をした高値から横に水平に引いた線を『ネックライン』と呼び、2番底を付けた後にこのネックラインを上抜けしてくればその後上昇していく可能性が高くなります。

 

詳細は以下の図解をご覧ください。

 

 

②逆三尊(逆ヘッドアンドショルダー)

先程と同じように下落トレンド継続から一旦反落(レフトショルダー)し、その後レフトショルダーラインを割り込んで再度反発(ヘッド)、そして次の安値(ライトショルダー)はヘッドよりも上で反発した形状を『逆三尊』と呼びます。

 

また、Wボトムと同じようにネックラインを上抜けしてくればその後上昇していく可能性が高くなります。

 

詳細は以下の図解をご覧ください。

 

③カップウィズハンドル

Wボトムや逆三尊形成後ネックラインを上抜けし、再度押しを作ってから上抜け後の高値ラインを上抜けしていく形状のことを『カップウィズハンドル』と呼びます。

取っ手付きのコーヒーカップの形状に似ていることからこのような名前が付けられたそうです。

 

また、Wボトムや逆三尊形成後ネックラインを上抜けると、そのネックラインが次はサポートラインの役目に切り替わりサポートとして機能しやすくなりますので、大口の投資家達は、追加買いなどのポイントとしてこの場面を狙っているとも言われています。

 

詳細は以下の図解をご覧ください。

 

④Wトップ(W天井)

上昇トレンド継続から一旦の高値(1番天井)を付けた後に価格が再度反落し、その後、前に作った1番天井と同じ価格水準まで再度上昇し、再度戻り高値(2番天井)を作っていくケースをWトップ(W天井)』と呼びます。

 

また、最初の反発をした安値から横に水平に引いた線を『ネックライン』と呼び、2番天井を付けた後にこのネックラインを割り込んでくると価格が下落していく可能性が高くなります。

 

詳細は以下の図解をご覧ください。

 

⑤三尊天井(ヘッドアンドショルダー)

先程と同じように上昇トレンド継続から一旦反落(レフトショルダー)し、その後レフトショルダーラインを上抜けて再度反落(ヘッド)、そして次の安値(ライトショルダー)はヘッドよりも下で反落した形状を『三尊天井』と呼びます。

 

また、Wトップと同じようにネックラインを割り込んでくると価格が下落していく可能性が高くなります。

 

詳細は以下の図解をご覧ください。

その他さまざまな形状はありますが、これぐらいを覚えておけば十分かと思います。

また、上記図のように奇麗な波形を作ることも少ないですので、大まかな形状をイメージしておくのと同時に、その形状になる理屈を理解しておくことで、応用的に使えるようになってくるかと思います。

 

次は ≫ ローソク足の並びから見るトレンドの種類(こんなローソク足が出現したら)

 

  • 最終的に自分の判断でトレードができるようになりたいと思っている方
  • 色々と勉強してきたけど一向に成果が上がらない方
  • 普段お仕事をしているので動いている相場をあまりチェックできない方

を対象に、
私のこれまでの経験を基に4年連続年間勝率80%以上をキープしたトレード手法をPDF版教科書にまとめました。
通常価格39,800円 ⇒ 特別価格33,200円(税込)でご提供!!


詳しくはこちらをご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
トレードで上手くいっていない方や、これから自分の判断だけでできるトレードを目指している方を対象に、独自の手法を使用し、勝てるトレーダーになるためのサポートを行っております。 日本テクニカルアナリスト協会認定 現役テクニカルアナリストが、 私自身のサラリーマンから独立することができた、過程を基に様々な側面から情報を発信できればと思っております(^^)/ 経歴を見てみる ⇒ こちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 日経225先物トレード情報サイト , 2020 All Rights Reserved.