日経225先物トレードを学ぶ!

お小遣い制度が私に力を与えた!?『日経225先物で勝つために・・・』

2018/06/09
 
巷の人代表
今日の「なんか分かる気がするー!」って内容の記事(共感から学ぶ)っちゅうのはなんや~いつも参考にさしてもろてるで~
私やっさん
ありがと~!ほな、今回も名言出してみよか~(^^)/

 


 

 

「「なんか分かる気がするー!」って内容の記事(共感から学ぶ)」とは?

 「なんか分かる気がするー!」って内容の記事(共感から学ぶ)」とは、

日経225先物で勝ち残るには?

日経225先物で勝てるトレーダーになるには?

日経225先物で勝ち続けるためには?

という目的を持った時に、普段の実践トレードとは別の視点から、ヒントとなるようなポイントを私なりにお伝えしていくものとなります。

 

今回の「なんか分かる気がするー!」って内容の記事(共感から学ぶ)は・・・

 お小遣い制度が私に力を与えた!?

です。

 

なんのこっちゃ!?

っていう感じですよね(笑)

 

今日の「なんか分かる気がするー!」って内容の記事(共感から学ぶ)は、直接相場に関係するものではなく、私の私生活的な内容から、トレード生活を始めるキッカケの一つになった事柄をお伝えしようと思います。

私のことなんて「興味ないわ!」という方はスルーしておいてくださいね(^_^)

 

それでは。

皆さんご結婚されている方なら、多くの方がお小遣い制で趣味も含めた普段の生活を送られていることかと思います。

当然私もそうですし、今もある意味そんなようなものです。

 

各ご家庭でいろいろなシステムがあろうかと思いますが、

金額を具体的に言うのも何なのですが、私が新婚の頃は毎月3万円でした。

それが多いか少ないかは別として、私個人的には特に不満もありませんでした。

 

そして今はと言いますと、毎月1万5千円の半分になっています(╥_╥)

なんと!下がってる!!

 

しかし、これは何もお給料が下がったとか、私が悪いことをしたからではありません(笑)

 

自ら半分にしてもらったのです。

変わってるでしょ~

お小遣いは上げてもらう為に、奥様のご機嫌を取ったり、何らかの作戦を立てては何度も何度もトライしていきますよね(^_^)

逆に私の妻は「そんなに少なくて大丈夫??」と心配してくれるほど、できた妻ですので(・∀・)

 

しかし、私は元々変わった考え方をしているので、

「逆にお小遣いが減って日々の生活がしんどくなり、追い込まれれば何か他の収入を得るために頑張れるんじゃないか」と考えた訳です。

 

ハッキリ言いますと元々お金は好き(お金好きに関して詳しくはこちら)でしたので、「何かないか?何かないか?」と常にお金に対してはアンテナを張っていました。

しかし、それなりの意欲あったのですが、あと一歩踏み出せる何かが無かったのです。

そして思いついたのが「お小遣いを減らして自分を追い込めばいいんだ!」と、なんと小学生チックな考え方だったのです(笑)

 

しかし、それが大成功だったのです。

そりゃあ、そこからは必至になりましたよ~

なんせ、いい大人が毎月1万5千円生活になった訳ですから・・・(TДT)

 

そこからはとにかく、トレードも含めいろいろなことを試しながら、たくさんの経験を経て、今に至っているというお話しでした(^_^)

 

皆さんも是非お試しを・・・

アカン、アカン、これは完全に荒行ですので進めたらダメですよね(笑)

 

 

ご参考までに・・・

 

それでは失礼しますm(_ _)m

 


 

 

 カテゴリー

 

 日経225オンライントレードスクールについてのご説明はこちら

sukurunituite
※第二期生の募集は2017年1月10日をもって締め切りとさせて頂きます。

 

 スクール生の方々の声はこちら
sukurukoe

 

 トレードに関するご相談・ご質問はお気軽にこちらよりお問い合わせください。

 

ブログをメールで購読(無料)

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

63人の購読者に加わりましょう

この記事を書いている人 - WRITER -
トレードで上手くいっていない方や、これから自分の判断だけでできるトレードを目指している方を対象に、独自のトレーダーズカリキュラムを使用し、勝てるトレーダーになるためのサポートを行っております。 私自身のサラリーマンから独立することができた、過程を基に様々な側面からサポートできればと思っております(^^)/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 省エネ技法の ”シンクロード手法” , 2017 All Rights Reserved.