日経225先物トレードを学ぶ!

焦りは一番の大敵(玉を増やせばもう少し・・・)

2018/07/09
 

 

巷の人代表
今日の「なんか分かる気がするー!」って内容の記事(共感から学ぶ)っちゅうのはなんや~いつも参考にさしてもろてるで~
私やっさん
ありがと~!ほな、今回も名言出してみよか~(^^)/

 

「「なんか分かる気がするー!」って内容の記事(共感から学ぶ)」とは?

日経225先物で勝ち残るには?

日経225先物で勝てるトレーダーになるには?

日経225先物で勝ち続けるためには?

という目的を持った時に、普段の実践トレードとは別の視点から、ヒントとなるようなポイントを私なりにお伝えしていくものとなります。

 

 

今回の「なんか分かる気がするー!」って内容の記事(共感から学ぶ)は・・・

 焦りは一番の大敵(玉を増やせばもう少し・・・)

です。

 

玉を増やせばもっと利益を増やすことができるのではないですか?

こういう言葉をスクール生の方含め、言われることがたまにあります。

 

疑問が湧くのも当然だと思います。

 

私は自分で言うのもイヤラシイ話かもしれませんが、月ベース、月内でみても結構な勝率を上げていると思っています。

 

じゃあ、単純に枚数を増やせば倍々ゲームになるんじゃないですか?と思われますよね。

 

確かにそれは正解かもしれませんが、

私はこの今の『リズム』が一番居心地のいい位置と感じているのです。

ただ単に小市民で、あまり大きな欲が無いといえばそうかもしれませんね(^^;)

 

いずれ今の位置にも物足りなさを感じれば、増やしていく可能性は十分にありますが、

それは自分自身のタイミングとの絡みとなりますので、無理に増やすつもりはありません。

 

無理に欲を出し過ぎて、急に増やしてしまうと、

メンタルがそれについて来なかったり、リズムを崩してしまったりしてしまいがちになります。

 

まずは今の自分に合った位置をしっかりと見据え、

そして次のステップへ登っていくことが一番だと思いますし、

時間は掛ってしまうかもしれませんし、面白くないかもしれませんが、

結果的にはそれが一番の近道になるのではないかとも思っています。

 

 

何事にも焦りは一番の大敵です。

特にトレードに関しては、如実に結果に結びついてしまいますので、

『焦り』には十分に注意をしましょう。

 

小市民の何とも夢の無いお話しで、皆さんにとっては、刺激の少ない内容になってしまいましたが、

それでも私にとっては、長い目で先を見た時に「自分はどうなっているのだろう」という期待感とワクワク感は結構持っているんですよ(^-^)

自分なりのモチベーションですね。

 

夢を大きく持つことは私も非常に大事なことだと思っていますが、

それだけではただ単に空想で終わってしまいます。

 

夢を語るだけではなく、まずは現実をしっかりと見据えて、

自分の立ち位置、

自分が今できること、

できないこと、

これからどうしていきたいのか、

そのためにはどうしていかないといけないのか、

などを把握し、少しずつでも、一歩一歩着実に階段を登っていく必要があると思います。

 

話しが少し反れてしまいました(-_-;)

書き出すと少しずつ話が脱線していってしまうのは私の悪いクセですね・・・

 

ということで、

焦りは一番の大敵という言葉・・・

何かのご参考になれば幸いです。

 

それでは失礼しますm(_ _)m

 

 


 

成功への三種のステップとは

 

ステップⅠ『心構えと考え方(青)版』

 

ステップⅡ『基本を学ぼう!(黄)版』

 

ステップⅢ『シンクロード手法(金)版』

 

スクール生の方々の声はこちら

sukurukoe

 

トレードに関するご相談・ご質問はお気軽にこちらよりお問い合わせください。

 

ブログをメールで購読(無料)

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

63人の購読者に加わりましょう

この記事を書いている人 - WRITER -
トレードで上手くいっていない方や、これから自分の判断だけでできるトレードを目指している方を対象に、独自のトレーダーズカリキュラムを使用し、勝てるトレーダーになるためのサポートを行っております。 私自身のサラリーマンから独立することができた、過程を基に様々な側面からサポートできればと思っております(^^)/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 省エネ技法の ”シンクロード手法” , 2017 All Rights Reserved.