日経225先物トレードを学ぶ!

2/1 『売りと買いの違いについて』 ザラ場のおさらい

 

2018-02-01/15:11:55

ザラ場のおさらい

 

お疲れ様です!

 

それでは、ザラ場のおさらいをしていきましょう。

(日経225先物ミニ)

 

ザラ場のおさらい

まず、1/31ザラ場の売り玉は+200円利益確定の後、残りは本日仕掛け同値で終了としました。

一旦の下げ止まり感が出ていますのでね。

 

ただ、今日の上昇は、まだ『戻りという位置付け』になります。

日足の最高値24170円~直近最安値23070円までの下落に対して、

現在はおおよそ1/3程度戻しているということになりますので買いをすることもできません。

 

今日は、新規売りも、新規買いも無かったということになります。

ノートレード、ほぼノー監視でした。

 


 

今日は特にお伝えすることもありませんので、

少し売りと買いの特徴についてお話してみたいと思います。

 

皆さん売りと買いはどちらの方が得意でしょうか?

また、どちらの方が好きでしょうか?

 

私個人的には、長年トレードをしていますので特に拘りもありませんし、得意ととか苦手とかという意識もありません。

 

ただ、特徴として、今回の下落のように、売りは一旦始まるとスピード感が出て、

気付いた時には大きく下げていたりしますので、

『下げた』という事実と『取れた』という結果がなかなか結び付いてきません

 

ということは、初期のタイミングを逃してしまうと、仕掛ける機会を失ってしまうということになり、

その結果『売りは取り難い(難しい)』と言われているのではないかと思います。

苦手意識が強い方も多いように思います。

 

そりゃそうですよね。

売りの場合は練習期間が圧倒的に少ないわけですから、右利きの人が左手でボールを投げているような状態でギクシャクした動きになってしまいます(^^;

 

けど、苦手意識を持たずに、時間を掛けて経験を積み、できるようになるという意識さえあれば、

十分に対応することができますので、もし売りに苦手意識を持っている方は、一度そういった見方をしてみるのもいいかと思います。

練習量が十分にあれば、あとはタイミングが合うかどうかだけですのでね。

 

一方で、売りというのは、先程の初期段階に上手く乗れると、利益を上げるスピードもありますので、

「売り大好き!」という方もおられます。

少し語弊のある言い方になるかもしれませんが、売りが取れ始めると中毒になり易いんですね(^^)

 

ただ、それも悪いということではありません。

取れるものは取ればいいのです。

 

しかし、一つだけ注意しておかないといけないことは、

しっかりとした基準の基、目線を切り替えた上で売りをしているかどうか?

ということです。

 

「たまたま取れてしまった」ということだけで、売り好きになると、

それはただのギャンブルに変わりますので、いずれ痛い目に会ってしまいます・・・

注意しましょう!

 

 

逆に買いはどうか?

というと、

日足チャートをずーっと遡ってみて頂ければ分かる通り、

時には大きく力を振り絞ってジャンプすることも当然ありますが、

多くの場合は、ゆっくりゆっくり山道を登って行くかのように、

時間を掛けて上昇していきますので、相当強い上昇の時で無い限り、乗り遅れてしまうということはありません。

いわゆる『練習期間が十分にある』ということですね。

 

ですから、多くの方は『買いの方がやり易い』『安全だ』と思うわけです。

 

このような、売りと買いの違いを少し理解しておくだけでも、

トレードの質が変わってくるのではないでしょうか(^^)

 

是非ご参考にされてください。

 

 

保有建玉(売買ポイント)

無し

 

 

それでは、ほどほどに頑張りましょう!

 

下記バナー2種類をクリックでブログランキングへの応援をして頂けると幸いです。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村


日経225ミニ先物ランキング

 


 

当カリキュラムの公式サイトはこちらです

成功するためのヒントや、

皆さんのお悩みを解決できる内容が隠されているかもしれませんので、

是非ご覧になってみてください。

こちら

内容盛り沢山です!!

 

気になる点があれば、まずはこちらをご覧になってください。

気になる質問にお答えするQ&A

 

ご質問・ご相談はお気軽にこちらよりお問い合わせください。

 

ブログをメールで購読(無料)

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

61人の購読者に加わりましょう

この記事を書いている人 - WRITER -
トレードで上手くいっていない方や、これから自分の判断だけでできるトレードを目指している方を対象に、独自のトレーダーズカリキュラムを使用し、勝てるトレーダーになるためのサポートを行っております。 私自身のサラリーマンから独立することができた、過程を基に様々な側面からサポートできればと思っております(^^)/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 日経225トレーダーズカリキュラム , 2018 All Rights Reserved.