日経225先物トレードを学ぶ!

3/12 『中長期売り勢力 VS 短期買い勢力』 本日のトレード予測

2018/07/09
 

2018-03-12/07:07:00

今日の日経平均はどう見る?

 

おはようございます!

 

それでは、今週も宜しくお願いします。

(日経225先物ミニ)

ナイトセッションのおさらい

金曜日は材料目白押しの中、これぞ『THE材料!』という値動きになりましたね(^^)

 

上へ抜ければ叩き売り、叩き売りがあれば、次は反転・・・

という大きな上下への値動きがありましたので、これをどうにか取りに行くという手法も世の中にはあるのでしょうが、

私は、『この材料時の値動きはテクニカル分析では対応できない』と判断していますので、

トレードはしませんし、チャートを見ることもほとんどありません。

 

一度手を出して、この「行って来い」の値動きにハマってしまうと、

買っても、負けても、引き際を見つけ出すことが難しくなってきます

それは、しっかりと分析した結果の行動ではなく、値動きに飛び乗る行動だからです。

ですから、中毒性があるわけですね(^^;)

 

これ以上深く言及はしませんが、

当手法では、こういった時のトレードは諸々のリスクが高いと判断し手は出しません。

 

 

本日のトレード戦略

まだまだ、長~い調整期間の真っ只中ですね。

今の現在の状況を整理しておきますと、

長い調整期間のボックスレンジ内の中心付近に位置している状態です。

 

そして、上からは、高値切り上がりラインが下りてきている売りの流れと、

下からは、下げ止まりからの反転買い勢力の流れが、その中心付近で衝突するゾーンでもあります。

その衝突状態が継続し、拮抗してくると、諸々の移動平均線もこの中心付近に収斂し、方向感を失ってきます。

 

どちらの勢力が押し切るかは分かりませんが、今は売り買い共の選択肢はあります。

 

非常に方向性が見えない、難しい状況ではありますが、

そんな中で、何をして、何をしないのか、

ということをハッキリと決めておけば対応(見送りも含め)することは可能です。

 

ただ、あまり力んでトレードをする場面ではありませんので、

状況、流れ、をしっかり確認していきながら、良いポイントを待ちたいと思います。

 

※ここで表記している売り買いの方向性については、あくまでも当手法の基準に基づいた内容のものとなりますので、

皆さんお手持ちの手法や、扱っているタイムフレームによって違いがあるという前提でご参考にされてください。

当手法では一般的に短期~中期売買と言われているタイムフレームを扱っております。

 

【アメリカサマータイム期間】

3月第二日曜日からサマータイム期間となりますので、3月15日(月)よりNYダウは日本時間22時30分からの始まりとなります。

 

 

保有建玉(売買ポイント)

無し

 

※資金50万円トレード検証は終了しております。

結果についてはこちらのページをご覧ください。

 

 

失礼します(^^)/

 

下記バナー2種類をクリックでブログランキングへの応援をして頂けると幸いです。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村


日経225ミニ先物ランキング

 


 

当手法の公式サイトはこちらです

成功するためのヒントや、

皆さんのお悩みを解決できる内容が隠されているかもしれませんので、

是非ご覧になってみてください。

こちら

内容盛り沢山です!!

 

気になる点があれば、まずはこちらをご覧になってください。

気になる質問にお答えするQ&A

 

ご質問・ご相談はお気軽にこちらよりお問い合わせください。

 

Twitterページはこちら

Twitter経由でも投稿の内容がご覧頂けるようになっております。

たまに、プライベートの内容など、投稿以外のものもツイートしていこうと思っていますので、

お気軽にご覧頂き、よろしければフォローをもお願いします。

@sync_225

 

ブログをメールで購読(無料)

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

63人の購読者に加わりましょう

この記事を書いている人 - WRITER -
トレードで上手くいっていない方や、これから自分の判断だけでできるトレードを目指している方を対象に、独自のトレーダーズカリキュラムを使用し、勝てるトレーダーになるためのサポートを行っております。 私自身のサラリーマンから独立することができた、過程を基に様々な側面からサポートできればと思っております(^^)/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 省エネ技法の ”シンクロード手法” , 2018 All Rights Reserved.