日経225先物トレードを学ぶ!

どこの証券会社が一番いいのか!?証券会社を徹底比較!【保存版】

2018/06/15
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の記事は、

  • 「どこの証券会社を使ったらいいんだろう」
  • 「これから始めたいと思っているんだけど」
  • 「今登録している証券会社でいいのだろうか?」

と思っている方向けの記事です!

 

私なりに徹底比較してみましたのでご覧ください!

(この記事もガッツリ書きます(^^)/ )

 

証券会社を選ぶには皆さんいろんな視点をお持ちであろうと思います。

  • 手数料の安さで選ぶ
  • 信用度(大手)で選ぶ
  • ホームページの見やすさで選ぶ
  • 機能面の充実で選ぶ
  • 注文のしやすさで選ぶ

等々、様々な見方がありますよね。

 

正直、今は各証券会社が凌ぎ合って「より良いものを提供する!」という理念の基サービスを行っていますし、

インターネットの普及により、そのサービス内容を自由に確認できるような状態になっていますので、

『大きな大差はない』と言っても過言ではないかと思います。

 

だから、逆に「選ぶ側が大変・・・」ということにもなるんですけどね。

我々消費者からすると贅沢な悩みです(^^)

 

 

「どこを選んでも一緒!!」

って言ってしまうと、これで終わってしまいますので、

ここからは、参考までに私の感じた感想を書いていきたいと思います。

(あくまでも私見ですので、最終的な内容の確認、判断は皆さんでお願いします)

 

 

手数料が安い証券会社

手数料一覧表

大手どころの証券会社のホームページを見て私独自にまとめた表をまずはご覧ください↓

上記は独自に調べた内容ですので、各社プランや、時期によって異なる場合がございます。

上記内容を保証するものではありませんので、ご登録される際は、改めて各社ホームページなどをご覧頂きご判断願います。

一応各社のホームページリンクは張り付けておきます。

 

ご覧頂いた通り、私たちが行っている、日経225先物(ミニ)の世界では、

最安値35円(ライブスター証券)~最高値50円(マネックス証券)まで、僅か15円の差です。

枚数が多かったり、エントリー回数が多くなればなるほど、この差も響いてきますので、

一概に「僅か」とは言えませんが、少なくとも私はほとんど気にしていません。

(価格は税抜き表示です)

 

ちなみに、この手数料が、どのように反映されていくのかについてもここで取り上げておきたいと思います。

 

日経225先物(ミニ)手数料計算方法

上記手数料は、ミニ1枚あたりの手数料ということになります。

そうすると、単純にこのような計算をしてしまいがちになります。

ミニ10枚でエントリーした場合の例↓(1枚あたり40円の場合)

しかし、これは間違いです。

 

正解は↓

このような計算になります。

エントリー(入口)があればエグジット(出口)が必ずあります。

この出口(手仕舞い)についての時期は変わってきますが、

エントリーから手仕舞いまでを一つのトレードとするならば、このような計算をする必要があります。

 

単純には、

『エントリー枚数の倍の手数料が必要』

だということです。

 

あまり気にされない方であればいいですが、それでも知っておく必要はありますね。

 

手数料についての総評

私は、あまりトレードの回数(頻度)が多くありませんので、

「手数料が高いから他の証券会社に乗り換えよう」という判断はしません。

 

ただ、中には、エントリー回数が多かったり、仕掛け枚数が多い方もおられるかと思います。

そんな方は、言うまでもなくできる限り安い証券会社を候補として挙げておくといいでしょう。

(エントリー回数が多い方というのは、20回以上ぐらいのイメージだと思います)

 

例えば、

最安値のライブスター証券で月20回、毎回10枚のエントリーをした場合↓

(月20回×10枚)+(手数料35円×2倍)=14,000円/月

最高値のマネックス証券で月20回、毎回10枚のエントリーをした場合↓

(月20回×10枚)+(手数料50円×2倍)=20,000円/月

となり、手数料だけで、毎月6,000円もの差が出てきますので大きいですよね。

 

 

各証券会社のホームページの見やすさ(説明の分かりやすさ)

一社ずつ私なりの視点で解説していきますので、参考程度にご覧ください。

【確認する点】

  • 新規口座開設までの分かりやすさ
  • 日経225先物取引に対する説明の分かりやすさ

この2点に絞り込んで確認していきます。

 

SBI証券

SBI証券HPはこちら

新規口座開設までの分かりやすさ

ログインボタンは見やすいところに設置されているが、【今すぐ口座開設】というボタンがフッター(一番下)部分に設置されているので、

最初は少し探さないといけないかもしれません。

ただ、【ログイン】ボタンをクリックすることで、ページが切り替わり、【口座開設】ボタンが現れるようになっています。

『口座開設の流れ(説明)』は口座開設ボタンをクリックしてから出てきますので、少し探しにくいかもしれません。

(内容は分かりやすいです)

その後の申し込みフォームは分かりやすくなっています。

 

日経225先物取引に対する説明の分かりやすさ

トップ画面のメニューバーに【先物オプション】というメニューが出ているので、ページは比較的見つけやすいかと思います。

内容については非常に分かりやすく、豊富な内容になっています。

(動画セミナーもあります)

 

 

楽天証券

楽天証券HPはこちら

新規口座開設までの分かりやすさ

【口座開設】ボタンはトップ画面の見やすい位置に設置されています。

「さすが楽天!」と思ったところは、【口座開設】ボタンをクリックすると、口座申し込み画面に移動し、

そこには【楽天会員の方】というボタンが設置されています。

楽天会員の方は、楽天ID・パスワード入力で、個人情報の入力手間を省くことができます。

(「最短5分で口座申込を完了!」は無理なような気がしますが・・・)

 

日経225先物取引に対する説明の分かりやすさ

トップ画面のメニューバー【商品・サービス】にマウスを乗せると【先物・オプション】を選べるメニューが出てきます。

内容については、SBI同様ウェブセミナーもありますし、分かりやすい内容となっております。

 

 

松井証券

松井証券HPはこちら

新規口座開設までの分かりやすさ

トップ画面ヘッダーに【口座開設】ボタンが設置されています。

ボタンをクリックすると【口座開設の流れ】のページも設置されているので、非常に分かりやすいです。

※口座開設の流れボタンをクリックすると、別ウィンドウ(小窓)が現れるので見やすいです。

 

日経225先物取引に対する説明の分かりやすさ

取引に対する説明よりも、「松井証券で取引を行う時のメリット」を重視した内容になっています。

日経225先物自体の内容を詳しく知りたい場合は、他の証券会社のホームページを参考にされた方がいいかと思います。

 

 

ライブスター証券

ライブスター証券HPはこちら

新規口座開設までの分かりやすさ

【口座開設】ボタンはトップページヘッダー部に設置されています。

詳細な「口座開設までの流れ」の説明はありませんが、手順通り進めば問題ないかと思います。

 

日経225先物取引に対する説明の分かりやすさ

松井証券同様に、メリットや機能面中心の内容になっています。

日経225先物自体の内容を詳しく知りたい場合は、他の証券会社のホームページを参考にされた方がいいかと思います。

 

 

カブドットコム証券

カブドットコム証券HPはこちら

新規口座開設までの分かりやすさ

【口座開設】ボタンはトップページヘッダー部に設置されています。

【お取引までの流れ】というページが設置されており、視覚的に見やすい内容になっているかと思います。

 

日経225先物取引に対する説明の分かりやすさ

トップページ【はじめての方へ】というページに飛ぶと、各商品の入門ガイド的なページを選ぶことができます。

内容的には、動画もあり、先程同様、視覚的に見やすい(分かりやすい)内容になっていると感じました。

 

 

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券HPはこちら

新規口座開設までの分かりやすさ

【口座開設】ボタンはトップページヘッダー部に設置されています。

ページを開くと、「口座開設の流れは」は掲載されています。

「最短5分で入力完了!」は難しいかもしれませんが、まーその点は気にせずに(^^)

 

日経225先物取引に対する説明の分かりやすさ

トップ画面の【先物・オプション】をクリックすると、メニューが現れます。

少し希望の内容が探しにくいイメージはありますが、

色々なページがありますので、中身を見ていくと内容的には分かりやすくまとめられているかと思います。

 

 

マネックス証券

マネックス証券HPはこちら

トップ画面に、社長ではなく、よくメディアに出ている広木氏の写真が印象的ですね(^^)

新規口座開設までの分かりやすさ

【口座開設】ボタンはトップページヘッダー部に設置されています。

ページを開くと、「口座開設の流れは」は掲載されています。

マネックス証券は「入力は最短1ページ!お時間をとらせません」という謳い文句が書かれています。

各社それぞれですね~(^^)

 

日経225先物取引に対する説明の分かりやすさ

トップ画面メニュー【先物・オプション】をクリックすると、「先物・オプションの魅力」が簡単にまとめられています。

詳細はQ&A方式で答える形になっています。

 

 

ホームページの見やすさ総評

当然、各社特徴はあるものの、口座開設を行う上においては、特に大きな差は感じられませんでした。

普段普通にインターネットを使用している方であれば、どこの証券会社でもスムーズに口座開設はできるかと思います。

 

日経225先物取引についての説明は、

  • 日経225先物取引の全体的な特徴に特化したもの
  • 自社サービスの内容に特化したもの

という、大きく分類して2通りのパターンに分かれました。

ホームページを見るだけはタダですので、必要な情報を各社のページより選りすぐって見てみるといいのではないかと思います。

 

 

各証券会社機能面の比較

ここでは、

  • チャートツールについて
  • 注文機能について

の2点に沿ってご説明していきます。

 

チャートツールについて

私の知りえる範囲になりますが、各社のチャートツールをご紹介します。

こちら↓の表にまとめておりますのでご覧ください。

だいたいどこの証券会社も今では、パソコン版とスマホ版のツールが用意されています。

そして、それらのほとんどが無料で使用できるというのは非常に有難いですね。

(無料には一部条件付もあり)

 

で・・・

私なりに使い勝手の良いツールをランキングにしますと、

 マネックス証券(マネックストレーダー)

 松井証券(ネットストック・ハイスピード)

ということになります。

実は、この2つのチャートツールの使用方法はほとんど同じなんです。

同じなんですが、ローソク足の表示数が「マネックストレーダー」の方が多いんですねー。

 

私が使い慣れているからという理由ももちろんありますし、

あくまでも私感によるものですが、私の中では圧倒的にマネックストレーダーが好きですね(^^♪

 

※休場時(お休みの時)に各社任意の時間帯にチャートツールのメテナンスを行います。

仮に、お休みの間チャートを見て勉強をしたりする場合にメンテナンスに入っていたりすると、

「せっかく今やる気があったのにー」とやる気を損ねてしまうかもしれません(^^;

そんな時の為にも、複数のチャートを見れる状態にしておくことで、どちらかのチャートが見れる確率は格段にアップします。

しかも、この2つのチャートツールは、使用方法がほぼ同じということもありますので、

そういった意味では、非常に有効活用ができるのではないかと思います。

上手に活用してくださいね。

マネックス証券HPはこちら

松井証券HPはこちら

 

マネックストレーダーの魅力を語っている内容の記事もありますので、ぜひそちらもご覧になってみてください。

使いやすいチャートを知りたい!マネックストレーダーでできること【保存版】

 

 

注文機能について

次に注文機能についてですが、

こちらも各社を表でまとめようと思いましたが、各証券会社によって、注文の呼び名が違ったりしていますので、

一つの表にまとめると、逆にややこしくなるかと思いましたので、各社毎に分けて可能な注文方法をご説明していきます。

 

【SBI証券】

  • 指値
  • 成行
  • 逆指値
  • OCO(同時注文)
  • IFD(新規注文+決済注文)
  • IFDOCO(新規注文+新規同時注文)

※注文方法内容の詳細については以下ページに詳しく書いていますので、そちらをご覧ください。

⇒ 日経225先物の注文方法が知りたい!各証券会社の注文の種類とその名称説明【保存版】

 

【楽天証券】

  • 指値
  • 成行
  • 逆指値
  • 逆指値付通常注文(指値注文+逆指値注文)

 

【松井証券】

  • 指値
  • 成行
  • 逆指値
  • 追跡指値(指値注文+トリガー変更)

 

【ライブスター証券】

  • 指値
  • 成行
  • 逆指値S
  • 逆指値M
  • OCO(同時注文)
  • IFD(新規注文+決済注文)
  • IFDO(新規注文+新規同時注文)IFD

 

【カブドットコム証券】

  • 指値
  • 成行
  • 逆指値
  • W指値(指値注文+条件指定注文)
  • ±指値(始値・終値・約定価格を基準とした注文)
  • Uターン注文(新規注文+決済注文)
  • 時間指定注文

 

【岡三オンライン証券】

  • 指値
  • 成行
  • 逆指値注文
  • IFD(新規注文+決済注文)
  • IFD+OCO
  • ※Tick指値機能あり

 

【マネックス証券】

  • 指値
  • 成行
  • 逆指値
  • ツイン指値(同時注文)
  • リバース注文(新規注文+決済注文)

※注文方法内容の詳細については以下ページに詳しく書いていますので、そちらをご覧ください。

⇒ 日経225先物の注文方法が知りたい!各証券会社の注文の種類とその名称説明【保存版】

 

 

各社おおよそできることに大きな違いはありませんが、

同じような機能でも、少し利便性を付け加えた工夫もしていますね。

 

ただ、この注文方法に力を入れているのは、カブドットコム証券だと思います。

その証拠に、注文方法が多彩なことと、名称の後ろの®マークが付けられています。

 

®マークというのは商標登録済みということですので、他社は同じ名前を使えないということです。

あくまでも、名称の話ですので、注文方法については知財の範囲外になりますが、

それにしても、取得費用や維持費も掛かってきますので、力の入れ具合は感じ取れますね。

 

 

総合評価

ここまでいろいろな視点によって各証券会社の特徴を見てきました。

 

各社一兆一旦で「いいなー」と思う面、「けどここがなー」と思う点もあったかと思います。

逆に迷いを生んでしまうキッカケになってしまったかもしれませんね(^^;

 

けど、後々後悔しないためにも、まずは特徴を知っておくことが大切ではないかと思います。

 

そして、今は各社無料で口座開設することができますので、

1社に絞り込むという必要はなく、「良さそうだなー」と思ったらどんどん作ってみるもの手だと思います。

(むやみやたらに作るということではないですよー(^^))

 

そして、自分自身で使用感を確かめてみるということも大事なことではないでしょうか?

 

このページが、少しでも皆さんの手助けとなる情報になることを願っております。

 

最後になりますが、

ご参考までに、タイプ別のオススメ証券会社の例を挙げておきます。

 

タイプ別オススメ証券会社

  • 月に20回以上のエントリーをする方

手数料の安さで選ぶ

ライブスター証券楽天証券カブドットコム証券

 

  • テクニカル分析を駆使したトレードをしている方、目指している方

チャート機能面で選ぶ

マネックス証券松井証券

  • デイトレやスキャルピングなど短期トレードを中心としている方、目指している方

注文方法の多彩さ、便利さで選ぶ

ライブスター証券SBI証券カブドットコム証券

 

  • 外出先などでスマホでの注文やチャート確認が多い方

スマホアプリの見やすさで選ぶ

松井証券楽天証券SBI証券

※スマホアプリについては、別の機会で「使いやすいスマホアプリ特集」的なものを投稿したいと思います。

 

 

以上となります。
また、

  • 「こんなことが知りたい」
  • 「こんな疑問があったんだけど」
  • 「こういった時はどうするんだろう」

というような内容がありましたら、些細と思うようなことでも結構ですので、

こちらよりお気軽にお問い合わせください。

回答には少しお時間を頂くことになるかもしれませんが、可能な限り公開していきたいと思います!

 

このような内容お役立て情報は、

⇒「これ知りたかった!」って内容の記事一覧

のカテゴリー内に保存していきます(^^)/

 


 

勝てるトレーダーになるためのトレーダーズカリキュラム

《カテゴリー一覧》

 

下記【ブログをメールで購読】からメールアドレスをご登録頂きますと、タイムリーに投稿を受け取ることができます。

その他の勧誘メールなどには一切使用しませんので、お気軽にご登録ください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読(無料)

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

61人の購読者に加わりましょう

この記事を書いている人 - WRITER -
トレードで上手くいっていない方や、これから自分の判断だけでできるトレードを目指している方を対象に、独自のトレーダーズカリキュラムを使用し、勝てるトレーダーになるためのサポートを行っております。 私自身のサラリーマンから独立することができた、過程を基に様々な側面からサポートできればと思っております(^^)/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 日経225トレーダーズカリキュラム , 2018 All Rights Reserved.