日経225先物トレードを学ぶ!

休むも相場

2018/06/09
 

お疲れ様です!

 

それでは、早速相場の格言について私なりの理解で解説してみたいと思います。

今回の相場の格言は・・・

休むも相場


目線の細かな人によく言えることなのですが、常に売買をしていないと落ち着かない人や、全ての値動きを取ることができないだろうか、終わったチャートを見て取ることができなかったことにガッカリしてしまうような人には、ズバリ当てはまる格言ですね。

 「もっと取れる」「もっと取れるはず」「少しの値動きでも取ろう」という目線で相場を見続けると見る視点が細かくなってしまい、もっと先に見ないといけない部分を見逃してしまったりして後のトレードにも悪い影響を与えることとなります。

 

そのような時は、一度自分から相場との距離を置いて、新鮮な目線で改めて分析すると、「自分はなんというトレードをしていたんだろう」と気付いたり、今まで見えなかったことが見えるようになったりすることができます。

 

チャンスは一生続きません。


一度のチャンスが終われば次のチャンスが来るまでジッと待つべきなのです。


スポーツと同じで、自分から休むのもトレードの大事な練習の一つですね。

それでは(^∇^)ノ

 

 

下記バナーのクリックで、ブログランキングにご協力頂けると幸いですm(_ _)m
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

日経225ミニ先物 ブログランキングへ

 

日経225トレードスクール マニュアル概要をご覧頂けます。

トレードに関するご相談・ご質問はお気軽にこちらよりお問い合わせください。
ブログをメールで購読(無料)

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

63人の購読者に加わりましょう

この記事を書いている人 - WRITER -
トレードで上手くいっていない方や、これから自分の判断だけでできるトレードを目指している方を対象に、独自のトレーダーズカリキュラムを使用し、勝てるトレーダーになるためのサポートを行っております。 私自身のサラリーマンから独立することができた、過程を基に様々な側面からサポートできればと思っております(^^)/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 省エネ技法の ”シンクロード手法” , 2016 All Rights Reserved.